2007年03月06日

涙で「ハンカチ王子」になる!?青森監禁王子

 “監禁王子”が法廷でハンカチ王子になった。東京、青森の連続女性監禁事件で、監禁致傷罪などに問われた無職・石島(旧姓・小林)泰剛被告(26)の公判が5日、東京地裁で開かれた。法廷ではおなじみとなった白の上下スーツ、白シャツ、ノーネクタイという王子の正装で登場。被告人質問で、実母(99年12月に自殺)について話が及ぶと、ズボンの右後ろポケットから白いハンカチを取り出した。

 弁護人から「母の墓参を口実に(被害)女性を口説いたか?」と尋ねられると、突然、ハンカチで目を押さえて、すすり泣き。「母はのろわれた一族の中で、生きることさえもつらい中で、怖くてさみしいのに、いつでも笑っていてくれました。その母を口実にだなんて、(被害者は)何を言っても許されると思ってるんですよ」と何度もハンカチを顔に当て上下させた。

 しかし事件が事件だけに供述内容は、佑ちゃんのさわやかさとは程遠いもの。「『聞いてあげるから自分で慰めなさい』と(被害女性は)テレホンオナニーをして」「『顔につばをかけてほしい』と言ってきた」「処女膜というのは極端に血が飛び散るのはない」などと言い、裁判長が「そこまで言わせる必要があるのですか」と弁護人に注意する一幕もあり、とんだハンカチ劇場となった。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/


 青森連続女性監禁事件の石島被告は法廷にて監禁王子がハンカチ王子なったということ。

 うまいこと言うな。
posted by r32katana at 15:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

監禁王子
Excerpt: 酷いヤツですね・・・なんとも言い様が有りません・・
Weblog: ウワサの情報
Tracked: 2007-03-06 23:28
検索エンジン登録代行 アクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。