2007年06月11日

『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』

ついに公開します。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=6770&pfg=1



これからは3万円を3ヶ月で100倍にする、
30分少額投資法です。

もと証券会社社員がすべてを暴露します!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=6770&pfg=1



ハイリスクな信用取引をする必要はありません!!

使うのはたった3万円のみです。


なんと、わずか3週間で、16万円も利益が出たのです!

【数量限定&完全返金保障付き】
http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=6770&pfg=1


1ヶ月で31万円、2ヶ月で157万円も利益が出たという方法です。

完全返金保障付きです。

販売終了前に今すぐ手に入れてください!!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=6770&pfg=1
posted by r32katana at 17:54| ☔| Comment(45) | TrackBack(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

絶対に笑わない友人が笑った秘密の資料とは!?

今からお話することはすべて事実です。

もしかすると、あなたはお金がラクに手に入ると
勘違いしてしまうかもしれません。

先日、ネットサーフィンしているときに
ある記事を発見しました。

その記事によると・・・

パチンコホールに行く人の90%以上が
負けているというデータが出ているらしいのです。

10人中、9人が勝てないのです。。。orz

でも、勝っている人がいるのは事実。

それと同時に頂いた疑問。

「残り10%の人間はいったい何をすることで
毎月、毎月、非常識に勝ち続けることができるのか?」

そんな疑問を自分に問いかけながら、ネットで
情報収集すること2週間。

ついに、その答えを見つける資料を発見しました。

この資料に書かれてあることが
これからの時代に絶対に必要なノウハウだと言えます。

ぜひ、無料のうちに資料を見てみてください。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=3121


この無料資料を有効に使うことで

負けている人は確実に負債が減ることでしょう!

「パチスロで勝てない」「お金がほしい」と
頭を抱えている方におすすめの作品です。

この資料が無料で手にできるのはあと○日・・・

【期間限定】無料ダウンロードはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=3121


追伸:

いや〜こういった資料はステキだと思います。

実は、先日、私の友人にも資料を教えてあげました。

「マジさんきゅ〜」って彼、とても喜んでいました。

見つけた情報を教えてあげただけなんだけど
相手に喜んでもらえるとホント嬉しいですね^^(喜)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=32463&iid=3121
posted by r32katana at 13:51| ☔| Comment(10) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

衝撃告発!! あるあるインチキ実験への参加者

 関西テレビは、2月末、『発掘!あるある大事典II』捏造事件に関する再報告書を総務省に提出し、新たに3件の捏造を認めた。だが、実は捏造はこれだけではなかったのだ。
 かねてから捏造疑惑が取りざたされていた「あずき」の回(02年3月放送)に関し、本誌は、実験に参加したというA氏に話を聞くことができた。A氏は、この放送でうたわれたあずきの効果のうち、あずきアンコの「血小板凝集抑制効果」と「疲れ目予防効果」を検証する実験に参加している。
 きっかけは、実験前日にエキストラ登録している事務所から来た依頼だったという。その事務所からは、「アンコを食べて簡単な検査を受けるだけで、1万円のギャラ」と言われたそうだ。
翌朝、水道橋駅にA氏を含む6人の被験者が集められ、そこからワゴン車で、実験場所の筑波大学に向かったという。
「出発後しばらくしてから、『今日の検査では採血がある』と聞き、私を含め数名が驚いてました」
 不安を覚えるも、すでに車は高速道路。後戻りできないまま、バスは大学に到着、実験室に案内されたという。
「そこで初めて実験の説明を受けました。『まず採血し、アンコを食べた後、
再び採血します。アンコを食べる前の血液と食べた後の血液を比較して、血液サラサラ効果を確認する』ということでした」
 予想外の採血だったが、撮影する手前、嫌な顔もできない。表情を押し殺しつつ、Aさんら被験者は最初の採血を済ませた。
「次にアンコを食べましたが、驚いたのはその後です。スタッフから錠剤を渡され、『血液がサラサラになるので飲むように』と言うのです」
 さらに「誰にも言わないように」と念押しが入る。そのにらむような顔に誰も拒めず、言われるままに飲んだ。
「1時間後、再び採血したのですが、効果が出ませんでした。スタッフは相当慌てていましたね」
 結局、スタッフが期待する結果が出るまで、実験は3度繰り返されたという。だが、放送では1回の実験で効果が得られたように編集されていた。
「その後、都内の眼科に移動して、別の実験が行われました。アンコの疲れ目予防効果の実験ということでした」
 まず基礎視力を測定した後、目を疲れさせる作業を行い、再び視力検査を行って視力低下の具合を見る。次にアンコを食べて同様の実験を行い、視力検査を行う。後者のほうが視力低下が抑えられていれば、疲れ目予防効果が証明されるというわけだ。しかし、この実験でも不正が行われたという。
「目を疲れさせる作業時間に差があった。アンコを食べないケースでは1時間、食べたケースでは20分程度でした」
 しかし、放送では両実験とも1時間の作業をしたと説明し、「6人中4人の視力低下が抑えられた!」とうたっているのだ。
 このほか、不適切な編集も指摘されている。放送では、これらの実験VTRの後に、財団法人十勝圏振興機構の大庭潔氏のコメントが付され、結果にお墨付きを与える形になっている。しかし、同氏は「あずきのもつ、コレステロール値を下げる機能についてのコメントをしたまでで、血液サラサラ効果や疲れ目予防効果は専門外」と語り、誤解を招く編集に不快感をあらわにしている。
 これを「捏造番組」と言わず、なんと言おう。だが、関西テレビのサイトで公開されている再報告書の概要によれば、「あずき」の回については「資料不足等のため調査不能」とし「法令又は自社の番組基準などに違反するとまでは認められない」と結んでいる。
資料不足の理由を同社に問うと、「制作した株式会社アジトが、事務所移転の際に処分してしまった」(調査チームメンバー)からとのこと。不正を犯した当事者からの資料提出のみに頼る調査とは、なんなのだろうか?
 実は再報告書提出以前に、本誌は関西テレビに「A氏を紹介します」と調査協力を申し出ているが、「お気持ちだけで結構」(広報)と断られている。
また、前述の大庭氏への調査依頼もないという。被験者の紹介は不要、コメントした専門家への調査もなし。調査不能というよりは、真剣に調査する意思がないとしか考えられない。そもそも、「調査不能」としながら、「違反は認められない」とはどういうことか?
「総務省に提示されたポイントに関して、現時点、違反は見当たらない」(広報)ということらしい。前述の実験のような不正の可能性は考慮していないのだろう。
 さらに、再報告書提出の前日、再度A氏の紹介を申し出たところ、「報告後も調査は継続します。情報があればぜひ頂きたい。後日連絡します」(前出・調査チームメンバー)と、
今度はやる気を見せたものの、結局は締め切りまでに連絡なし。
視聴者が望むのは、口先の謝罪ではなく、徹底調査により真実を公表することではないだろうか? ろくな調査もせずに「問題なし」とするのは、虚偽の報告にほかならない。関西テレビは、これ以上、嘘と恥の上塗りをするのはやめたらどうか。  
(サイゾーhttp://www.ultracyzo.com/

 『発掘!あるある大事典II』捏造問題は収束に向かうどころか、さらに拡大の様相をみせているな。

 どこまで視聴者を馬鹿にしていたのか、徹底的に調べ上げてほしい。
 
 関西テレビではそこまで期待するのは無理か!?
posted by r32katana at 12:56| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

マジで!?女性用ソープランドがついに登場!!

 日本初の?女性用ソープ?を標榜する「ホストソープ CCクラブ」が、福岡県の歓楽街・中洲に誕生。さまざまな意味で注目を集めている。
「地元で風俗店などを幅広く経営しているオーナーが、何かオリジナルなことをしたくて始めたお店です。2月1日のオープン以来、リピーターや口コミのお客様が増えています」(「CCクラブ」関係者)
 料金は90分3万円(延長は30分1万円)。女性客は好みのホストが決まったら、マットやスケベ椅子などが完備されたプレイルームへ移動。マッサージなど、通常のソープさながらのサービスを受けることができるという。
「いわゆる挿入行為はNGですが、お客様にはもれなくお好きなバイブをプレゼントしているので、それを使ったプレイなどが楽しめます」(同)
 そこで気になるのは、ホストの待遇。同店では、容姿・体力・女性の心をつなぎ留める会話に自信のある20〜30歳くらいまでの男性を随時募集しており、報酬は90分で1万〜1万5000円(プラス指名料のバックあり)となっているのだがノノ。人気ホストなら時給2万円以上が相場ともいわれるこのご時世に、はたして?おいしい仕事?といえるのだろうか?
 性人類学者のキム・ミョンガン氏によれば、「(女性を性的に満足させる)この手の仕事を男性がする際に、ネックになるのは、常に自分のナニを勃起させておかなければならないということです。いくら表向きは挿入なしといっても、(形だけでも男性が)勃起し、射精するまで満足しない女性も少なくないのでは? それを考えれば、一日にそうそう何人もこなせるわけではないでしょうからね。画期的な試みだとは思いますが、ギャラについては微妙というしかないと思いますが」という。
 3月1日現在、同店には約30名のホストが在籍。いずれも、面接、女性トレーナーとのマンツーマン講習をクリアした達人だという。自信がある人は、ぜひ挑戦してみては?
(サイゾーhttp://www.ultracyzo.com/

 いや〜、実にびっくりだな。
 
 時代も変遷しているとはいえ、女性用のソープランドが出来るなんて恐ろしい時代になったもんだ。

 一度見てみたいもんだね。
posted by r32katana at 12:54| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

へぇ〜!!女子高生スカート日本一短い 新潟の「どうしたら」議論

正確に比較したわけではないだろうが、女子高校生のスカートの丈が日本一短いのは新潟だそうだ。写真週刊誌が「東京より5センチ短い」と報じたりして問題化し、新潟県上越市では青少年問題協議会という組織が、2年にわたり「スカート丈」について真面目に議論している。とはいえ、結論は出ず、事実上「放任」状態が続いている。

短い「スカート」禁止はイジメにつながる??
2007年3月6日も上越市青少年問題協議会では「スカート丈」問題が議論された。この組織は、教育委員会のメンバーや地元識者で構成されているもので、この日は06年度末の総括として行われた。話された中身はなんだったのか、J-CASTニュースは事務局の上越市教育委員会生涯学習推進課にたずねた。

女子高生のスカート丈が短いと、身体を冷やし、「母性」はだいじょうぶかと心配する声や、「防犯面」を危惧する意見が出たという。
一方で、短いスカート丈は全国的な流行や、「仲間意識」の現れだとして、簡単に対処できる問題でないとする見方もあった。短いスカート丈を悪い、として禁止した場合、仲間の中で「適正な」長さに戻す人と、短いままの人がでてくる。すると、「適正な」長さに直した人を仲間はずれにしたり、イジメたりする要因につながるのではないか。だから、禁止は無理とする意見もあった。
後者の意見が多いらしく、「市として思い切った対応ができない」と市では説明する。

「一概にどのくらい短いかとは言えない」
同課に、市内の女子高生の「スカート丈」は本当に短いのかどうかたずねると、

「委員の共通認識として、街でみかける女子生徒のスカート丈は短い、という意識はある。しかし、一概にどのくらい短いかとは言えないし、具体的に口にする委員もいなかった」
という答えが返ってきた。
つまり、実情ははっきりせず、写真週刊誌が報じた「スカート丈」は問題視し、一方で「放任」しながらも、議論は続けている。なんとも珍妙な会議なのだ。
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/

 世の中の男性の方々はいいなぁ、とかうらやましいなぁとか思うのではないだろうか。
 
 日本人はとかく横並び意識が強い国だとどこかで聞いたことがあるが、その典型なのではないだろうか?

 とは言ってもスカートの丈がどれだけ短いからどーだこーだという議論は続いているらしい。
posted by r32katana at 08:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

涙で「ハンカチ王子」になる!?青森監禁王子

 “監禁王子”が法廷でハンカチ王子になった。東京、青森の連続女性監禁事件で、監禁致傷罪などに問われた無職・石島(旧姓・小林)泰剛被告(26)の公判が5日、東京地裁で開かれた。法廷ではおなじみとなった白の上下スーツ、白シャツ、ノーネクタイという王子の正装で登場。被告人質問で、実母(99年12月に自殺)について話が及ぶと、ズボンの右後ろポケットから白いハンカチを取り出した。

 弁護人から「母の墓参を口実に(被害)女性を口説いたか?」と尋ねられると、突然、ハンカチで目を押さえて、すすり泣き。「母はのろわれた一族の中で、生きることさえもつらい中で、怖くてさみしいのに、いつでも笑っていてくれました。その母を口実にだなんて、(被害者は)何を言っても許されると思ってるんですよ」と何度もハンカチを顔に当て上下させた。

 しかし事件が事件だけに供述内容は、佑ちゃんのさわやかさとは程遠いもの。「『聞いてあげるから自分で慰めなさい』と(被害女性は)テレホンオナニーをして」「『顔につばをかけてほしい』と言ってきた」「処女膜というのは極端に血が飛び散るのはない」などと言い、裁判長が「そこまで言わせる必要があるのですか」と弁護人に注意する一幕もあり、とんだハンカチ劇場となった。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/


 青森連続女性監禁事件の石島被告は法廷にて監禁王子がハンカチ王子なったということ。

 うまいこと言うな。
posted by r32katana at 15:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

キツソウ!!コルセットで番組復帰 小林麻耶アナ 

 21日に都内で交通事故に遭い、頸椎(けいつい)捻挫などで入院しているTBS・小林麻耶アナウンサー(27)が27日夜、同局「世界ふしぎ発見!」の収録で仕事復帰した。まだ痛みが強いが、番組が1000回(3月3日放送)を迎える節目でもあるため本人が参加を強く希望。主治医と相談し首にコルセットを付けたまま出演した。司会の草野仁キャスター(63)は会見で「はっきり言って、つらそう。気持ちはうれしいが気になる」と気遣った。

 一方、小林アナの妹でタレントの小林麻央(24)は同日、くしくも自賠責保険の広報キャラクター就任会見に登場。「いつ事故の被害者や加害者になるか分からない」と話した。
(スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/



 小林麻耶アナウンサーはアナウンサー魂というか仕事に対する気持ちが強いんだろうね。
 小生も小林アナの仕事の姿勢を見習わねばいけないな。
posted by r32katana at 12:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

また捏造!!テレ東お前もか!特番で

 テレビ東京は20日、今年1月6日の特番で放送した「今年こそキレイになってやる!正月太り解消大作戦」で不適切な演出があったと発表した。問題があったのは「冷え性は太る? ヨガで体を改善」のコーナーでタレント山田花子がヨガを体験し、その前後で血液の流れがどのように変化したかを検証した場面。指先の毛細血管の形状を小型血流スコープで映像化したが、花子の指先として紹介された映像はディレクターの指先を撮影したものだった。同局では「より変化が明瞭(めいりょう)な映像として、ディレクターが編集段階で山田花子さんのものではないものを使用した」とし「誤解を与えかねない表現であり、おわび申し上げます」としている。
(日刊スポーツhttp://www.nikkansports.com/


テレビ東京も捏造発覚!
もう特に驚かなくなったな。
たまたま今こうやってばれているだけで、きっと昔から当たり前のように捏造やら八百長なんてのは行われていたんだよ。
テレビの裏側なんて一般視聴者は誰もわからんからな。


関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000307-yom-ent
posted by r32katana at 12:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

驚愕!!84歳のおばあさんが70歳下の少年をレイプで禁固3年!

 84歳の女性が70歳も年の差のある少年をレイプし、社会の耳目を集めた事件で、米オレゴン州の裁判所はこのほど、この女性に禁固3年の刑を言い渡した。誰もが「信じられない」と首をひねったレイプ事件。なぜ高齢の女性が孫のような子どもに――と、絶句する人も多かった。裁判の結果を伝えるネット上には、「恥ずべき行為だ」との怒りの声も寄せられた。女性は刑務所に入ることになるが、オレゴン州では最高齢の受刑者の一人となるのは確実だ。

 この女性はジョージア・ブイ。2004年6月から8月の3カ月間に、当時11歳の少年と複数回の性交渉を持った。少年がカウンセラーに告白したため、2006年2月に逮捕された。

 レイプや性的虐待など六つの罪状で3月に起訴された。ブイは、ことし2月15日の検察側との司法取引で有罪を認めたため、同日中に同州ワスコ郡の裁判所から、禁固3年の刑を宣告された。被告が司法取引に応じずに、仮に本裁判で有罪になれば、最高で禁固8年になるところだった。検察側は、被告が高齢であること、また犯罪歴がないことなどを考慮した。

 ブイは、被害者の少年に対し、少年のカウンセリング費用など計1万2500ドルを弁済することを命じられた。判決の際、判事は、少年の精神的な傷を懸念していると述べた。

 15日の法廷には、ブイの子どもや、教会関係者が顔を見せた。ブイは、教会の行なう奉仕活動に熱心だったという。

 ブイは、ウィルソンビル市にある「コフィー・クリーク・女子刑務所」に収監される予定。しかし、高齢であることや犯罪の異常性などから、ブイを刑務所内でどのようにして扱うのか検討が行なわれているようだ。

 被害者の少年は現在14歳になっている。ブイと少年は肉親関係にはないが、性交渉があったのは、少年がブイの家に預けられているときだった。なぜ少年がブイの元に預けられていたのかは不明だが、ともかくブイとその夫が少年の面倒を見ていた。

 しかし、夫は病弱でその後死亡している。検察側は昨年3月にブイを起訴した際、「極めてまれな事件」とコメントしている。高齢の女性の性犯罪で、なおかつ70歳も年下の子どもを相手にした事件だけに、半信半疑の人も多いのも事実。しかし、検察当局は、犯行を自供したブイの供述テープがあると、真顔で反論している。

 ブイの顔写真はこれまでに公開されているが、金縁のようなめがねをかけ、おしゃれに気を遣う女性の印象だ。刑務所で刑期を終えた後は、性的犯罪者として登録され、被害者の少年との接触は許されない。

 地元紙オレゴニアン(電子版)の記事に寄せられた書き込みには、「この事件には吐き気を感じる。11歳の子どもに傷を与え、年の差と人生の経験を利用して、少年を虐待した。これには怒りとともに悲しみを感じる」とあり、さらに「年に関係なく、もっと長く収監されるべきだ。彼女は子どもから無邪気さを奪い、子どものその後の人生を台無しにした。恥を知るべきだ」と書かれていた。
(ベリタ通信より引用)

 おばあちゃんだよ、しかも80歳だよ。すごいよね。性欲もすごいよ、レイプだよ。

 しかし、レイプというのは男が女性を力ずくでするというイメージがあるんだけど、80歳の女性が11歳の少年をレイプというのには全然ピンと来ないな。

 重大犯罪であることはわかるが、どうすればできるのかと。

 何とも珍事件なような気がするな。
 
 アメリカらしいというか何と言うか。
posted by r32katana at 12:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

“トンデモナイ迷惑客”が航空機内に増加中!!

「最近、盗撮客が急増しているんですよ!」

 こう憤るのは、国内大手エアラインのスッチーだ。

 国土交通省のまとめによると、携帯電話使用やトイレ内の喫煙、スッチーへのセクハラなど航空機内での禁止行為で、機長が航空法に基づく「禁止命令書」を出したケースが昨年24件もあったという。注意されてもやめないトンデモナイ客もいて、警察が出動したり、機内から降ろされたり。国交省は罰則強化を検討するという。

 しかし、安全を脅かす行為も困るが、スッチーたちが「本当に許せない!」と怒り心頭なのが、冒頭の“盗撮客”だ。

「携帯電話で撮影しようとする人には、『機内では電源をお切り下さい』と注意できる。でも、困るのは小型のデジカメ。極薄極小の高機能デジカメを隠して、スカートの中を狙うんです」(前出のスッチー)

 お尻を触るなどの行為と違って、盗撮は現場を押さえにくい。

「盗撮に気付いて声をかけても、『何も撮ってないよ』と言いながら、サッとデータを消されてしまう。逆に『お客をなんだと思っているんだ』とクレームを言われ、悔しい思いをしたこともあります」(前出のスッチー)

 抜本的な対策はなかなか取れないため、スッチーたちはさまざまな自己防衛をしているんだそう。

「怪しい客がいたら、後ろ姿を見せず、正面向きで対応します。それと、『声かけ運動』。世間話などをして気をそらせ、シャッターチャンスを与えないよう努める。たとえ盗撮を注意して否定されても、再び盗撮をしにくくさせる抑止効果はあると思いますから」(別のスッチー)

 盗撮客は、いかにもといった風貌ではない。東京―大阪といったほとんどがスーツ姿のビジネス客ばかりの便にもいるとか。

 甲子園で女子高生を盗撮して捕まった男がいたけど、航空機内だって同じこと。盗撮客急増について、エアラインは監督官庁にも報告しているという。「空の上は無法地帯」じゃ、スッチーがかわいそうだ。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/

 全くどうしようもない奴等だな。
 
 人間の本能を満たすという行為の方法は人それぞれ千差万別だけど、空の上というのは何ともたちの悪い場所だな。
スッチーも本当に大変なストレスがたまるだろうな。
そういうやつらを何としてでも取り締まる方法を早く見つけて実行してほしいものだ。
posted by r32katana at 22:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索エンジン登録代行 アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。