2007年03月24日

激震走る!! PRIDE身売り…UFCが十数億円で買収

 総合格闘技イベントの「PRIDE」が、米最大の総合格闘技団体「UFC」に十数億円で買収されていたことが23日、複数の関係者の話で明らかになった。27日午後5時から東京・六本木ヒルズアリーナで公開記者会見を行い、UFCのダナ・ホワイト社長はじめ選手らが出席して大々的に公表する。

 1997年に誕生したPRIDEは、高田延彦VSヒクソン・グレイシーなどの一戦で人気を集める一大イベントに成長。だが、00年から放送してきたフジテレビに昨年6月契約解除され、番組打ち切りとイベントから完全撤退された。年間十数億円とも言われる興行権料、放映権料などの収入源とともに大きな母体を失った後もイベントを存続させていたが、かねてからの選手の高額ファイトマネーなどがかさみ、ついに力尽きた。

 関係者によれば、会見ではUFCとPRIDEの「提携」が発表されるようだが、実質的にはUFCに完全に吸収されるという。主催会社DSE(ドリームステージエンターテインメント)の榊原信行社長は退任。DSEは事実上清算され、UFC直系の新会社が設立される見込みという。「PRIDE」の看板が消滅するかどうかは不明だが、4月8日の「PRIDE34」(さいたまスーパーアリーナ)がDSE主催の最後の興行になりそうだ。

 DSEはこの日、公式サイトで「重大発表公開記者会見」の開催を発表。「ファンの方々、マスコミ・関係者の皆様方に向けてPRIDE史上最大の発表を行います」と予告しているが、内容については触れていなかった。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/

 PRIDEの身売り話はフジテレビによる契約解除の時点から噂にはのぼっていたが、ついに来たか、てな感じだ。

 UFCは外国人選手欲しさにPRIDEを買収し自国アメリカでのみ外国人選手を使用し他の選手は切り捨てるのではないかとの憶測も出しているサイトもある。

 もしそのようになってしまうと日本の格闘技界は地盤沈下は間逃れないだろうと思う。

 大丈夫だろうか?
posted by r32katana at 14:29| ☀| Comment(4) | TrackBack(12) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

地元紙は絶賛!!桑田の初登板

「ミットに収まるまで5秒もかかるカーブに相手打線が凍りついた」
 桑田のOP戦初登板を、地元紙も絶賛。パイレーツの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼッテ」紙の電子版は5日付けで、前日4日にレッズとのオープン戦で初登板。1イニングを投げて3者凡退に抑えた桑田真澄投手について、「ディアスのミットに納まるまでに、5秒はかかるスローカーブに、レッズの打線は凍り付いてしまった」と表現し、カーブを駆使した投球内容を絶賛した。

 記事は、桑田のオープン戦デビューに70人の日本人報道陣が集まったことも紹介。ジム・トレーシー監督も、「彼は本当に凄い。今日一番のスポットライトだった。我々が話していたことを、全て、実際にやってみせてくれた。彼は、日本で21年もプレーしている選手。自分のやるべきことを、100%理解している」と、感心しきり。先発投手枠を争う競争は、依然として厳しいものの、チームでの評価はうなぎのぼりのようだ。
(livedoor スポーツ http://www.livedoor.com/

 ジャイアンツ時代の名声も投げ捨てて、大リーグでは高齢で通用するのかという心配はあったがオープン戦デビューで注目を浴びた。
 
 評価はうなぎのぼりなので、このまま通用するといいんだけどね。
posted by r32katana at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

衝撃!!「週刊ゴング廃刊」 社員もビックリのガセネタ?

 「週刊ゴング廃刊」の真相は?? プロレス雑誌の老舗で40年も続いた「週刊ゴング」が2007年3月7日発行号で廃刊になる、といウワサ話が07年2月28日から流れ、ネットの掲示板やブログでは廃刊を惜しむカキコミがあふれている。ところが、調べてみると、正式決定はされていない様子。真相はどうなのか。

夕刊フジは07年3月2日付の紙面で、「週刊ゴング廃刊」という見出しを躍らせた。記事には「週刊ゴング」だけでなく、「ゴング格闘技」「LADY'Sゴング」の3誌が揃って幕を引く、と書いている。

「廃刊するという報告も、決断も何も無い」
廃刊の理由は、発行している日本スポーツ出版社元社長でアドテックス社長も兼務していた前田大作容疑者が、民事再生法違反で逮捕。日スポの約10億円の資金をアドテックスに不正投入し、日スポは債務超過に陥った。金融機関に融資を要請したが断られ、廃刊を決意したのだ、という。

J-CASTニュースは日スポに取材してみた。すると、非常にあわてた様子で、

「今日(07年3月1日) 急にそういう問い合わせが多方面からたくさんあって、社員全員がビックリしているんです。調べてみても、廃刊するという報告も、上の決断も何も無くて、対処に困っているんですよぉ〜。本当に何もないんです。こんな事聞いてすみませんが、こんな時はどうすればいいのでしょうか?」
と、J-CASTニュースが逆に質問をされてしまった。

日スポの発表のような「告知」がネット上に出回る
今回急に「廃刊」が騒がれた原因について、あるサイトに掲載された「告知」ではないか、と日スポはいう。それは格闘技専門の電子書籍サービス「ファイト!ミルホンネット」に07年2月28日に掲載された「記事」だ。そこにはあたかも日スポ発表文のようにこう書かれている。

「先日、代表取締役社長の前田大作容疑者がコンピューター関連機器会社『アドテックス』(東京都港区)の民事再生法違反事件で逮捕された日本スポーツ出版社は、27日までに『週刊ゴング』の廃刊を決定、編集部員全員を解雇すると通告しました。40年の歴史を持つプロレス専門誌『ゴング』は来週発売号をもってピリオドを打つことになりました」
もちろん、こんな文章は同社のサイトには載っていない。

日スポ側はこう推測する。

「社内の見解では、イタズラか、もしくは、社内にそうなればいい(廃刊になればいい)と思っている人がいて、意図的に出したのだろうと…」
プロレス人気の低迷と、経営難で、以前から休刊、廃刊の噂があった。ただ、プロレス界、そして同社の看板雑誌が、「来週廃刊」をそんなに急に決められるものなのだろうか。

先の夕刊フジには、「ゴング」の杉本貴公統括マネージャーのコメントも掲載されている。

「そういう話が広まりつつあることは知っています。ただ私の立場では、今は止めるとも止めないとも、なんともいえません。来週発売するゴングの誌上で、なんらかの話を載せることになります」
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/


 本当か?週間ゴングは小生にとっても思い出深い雑誌なのだ。
今から20年以上前の小学生から中学生までの毎週買って読んでいたので、何とも複雑な気分だ。

 しかし、プロレス界というか格闘技界はここ数年ずっとファン逃れするような不運な事態が続いている。

 ファイト誌も先ごろ廃刊になったばかりで、さらに、フジテレビのPRIDE撤退とか、この間の大晦日のK-1 Dynamiteの秋山対桜庭の不透明決着だとか、数年前の猪木祭りのゴタゴタだとかでファンが確実に減っていると思う。

 そして、今度はアドテック前社長の前田大作容疑者のスキャンダル。。。。

 呪われているのではないかと思ってしまう。

 何とか、ファン重視の興行をどの団体も行ってほしいものだ。
 本当に切実に復興を願う。
 
 一ファンより。




posted by r32katana at 01:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ヌルヌル秋山成勲騒動収束せず 資生堂もCM起用断念

 2006年大晦日に行われた格闘技イベント「K-1 Dynamite!!」で、体にクリームを塗るなどの反則行為を行ったとして無期限出場停止処分を受けた秋山成勲選手をめぐる動きが止まらない。日清食品がスポンサーを降りたのに続いて、資生堂が同選手のCM起用を断念した。これは、ネット社会での評判を企業が無視できない時代にきたことを示したものだ。

 何もなければ、そのまま起用されていた
資生堂は2007年2月21日、男性向け化粧品ブランド「ウーノ(uno)」から、全11品目11品種を発売した。同日CMの放映も開始され、チェ・ホンマン、タイガーマスクをはじめとする格闘家や、山崎邦正、アニマル浜口といったタレントなど、総勢19人が起用されている。CMはウェブサイトでも公開され、コミカルな演技を楽しむことができる。

起用された人数が「19」というのも、半端な数字だ。本来ならは、20人起用されるはずだったのが1人「脱落」し、19人となったことが、J-CASTニュースの取材でわかった。

J-CASTニュースでも既報のとおり、 秋山選手を追及するサイト「すっごい滑るよ!」にはアクセスが殺到。日清食品がスポンサーを降りたのを受けて、同サイトでは各スポンサーの動向が注目されており、「資生堂がCM中止」という情報も流れていた。

資生堂広報部は、J-CASTニュースの取材に対して、こう話す。

「06年10月に秋山選手の起用を決めていましたが、秋山選手が出場停止処分を受けたため、秋山選手側とも協議の上、起用しないことを決めました。何もなければ、そのまま起用されていたと思うのですが…」

 起用断念は「Good Job」という声
同社によると、起用断念を決めたのは1月中旬。秋山選手に対する処分が決定したのが1月11日。比較的早い段階での決断だった、と同社はいっているわけだ。日清食品がスポンサーを降りた時には、ネット上には

「日清食品GJ!!(編注: Good Jobの略)」
「今日は日清のインスタント食品3個買ったきたぞ」
といった声があふれたが、今回の資生堂の対応についての反応が注目される。

ちなみに、現在起用されている出演者には、秋山選手が大晦日に対戦した桜庭和志選手も含まれており、元気な姿を見せている。
(j-castニュースhttp://www.j-cast.com/


 秋山成勲選手に関するブーイングはいまだとまらないな。
2ちゃんねるとか、秋山選手を追及するサイト「すっごい滑るよ!」がニュースサイト並の充実振りだったりとかで、あちこちで問題を検証されている。

 やはり、肌が弱いからという理由でワセリンを使用するというところが非常に怪しく感じてしまう。
 実際、試合中に「滑らせろ!」なんてセコンドの声が聞こえたような。

 とにかく早くこの問題は終結してほしいと思う。
この問題の原点はK-1の谷川プロデューサーとTBSの視聴率至上主義と拡大政策に気をとらわれすぎていることがかなり関係していたと思う。

 このまま続いたら、格闘技界の人気崩壊は免れないと思う。
posted by r32katana at 09:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ケツ、ケツ、ケツ!!!で圧勝、越中

 新日本「Circuit 2007 NEW JAPAN ISM」最終戦(18日・両国国技館)、旬の男・越中が中西狩りに成功。アルゼンチン式背骨折りに担がれて場外を1周されるなど怪力にてこずったが、往年のルー・テーズ杯優勝者らしくテーズプレスで逆転し、ダイビングヒップアタックからのヒップアタック6連発で野人を撃沈。“ケツづくし”で快勝した越中は「頂点に立つのは棚橋か金本か知らねえが、次に行くのはオレだって。1発でたたき斬ってやるって!」と、96年3月1日以来のIWGP挑戦を宣言した。
(デイリースポーツhttp://daily.jp/


越中さん、最近調子良いね。
IWGP挑戦が見えてきたって感じだね。
しかし、中西はいつまで経ってもエースになれないね。
中西の体のバランスは新日の中では圧倒的にピカイチなんだけどなあ。
でも中西は自己プロデュースが致命的に下手糞だしな。
あの日本人離れした体はうまく使うべきだと思うのだけど。。。
posted by r32katana at 15:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索エンジン登録代行 アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。