2007年03月19日

飯島愛、生放送で持病を告白

 3月末での芸能界引退を表明しているタレントの飯島愛(34)が18日、レギュラーを務めるTBS系「サンデージャポン」に生出演。引退の原因とされる体調について語った。

 昨年12月に同番組を休んだように、持病の腎盂炎(じんうえん)で「高熱が出て、トマトジュースみたいな血尿がでたこともある」と告白。尿を我慢しないことが予防となるが「スタジオ収録していると、知らないうちに我慢しちゃう」と説明していた。同番組は25日が最後の出演で、改めて引退について語る。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/

 飯島愛引退騒動については本人の口から改めて芸能界引退について語るみたいだ。

 改めて聞いてみたい。
posted by r32katana at 09:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「法廷に立ちます」 叶美香騒動言及

 ゴージャス姉妹ユニット、叶姉妹の叶美香(39)が17日、都内で取材に応じ、二女が姉・恭子の貴金属を持ち逃げしたとされる騒動について、証人として法廷に立つ準備があることを明かした。
 現在、刑事と民事での訴訟を準備中で、事実関係については「姉と弁護士さんに任せているので」と多くを語らなかったが、「法廷に立つつもりか」と問われると「そうですね」ときっぱり。2月の会見で5キロやせたと語った恭子については、「食欲は徐々に戻ってきている」と報告した。二女とは今も連絡は取れていないという。
 この日は、公開を迎えた米映画「ステップ・アップ」のトークショーに出席。両手に大きな指輪をつけて登場したが「私のものです」と苦笑いで答えた。
(デイリースポーツhttp://daily.jp/

 叶美香の先月から始まった貴金属窃盗騒動はまだまだ続くみたいだ。
 
 次女とはまだ連絡が取れていないみたいで、事の顛末が気になるところだ。
posted by r32katana at 08:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へぇ〜!!女子高生スカート日本一短い 新潟の「どうしたら」議論

正確に比較したわけではないだろうが、女子高校生のスカートの丈が日本一短いのは新潟だそうだ。写真週刊誌が「東京より5センチ短い」と報じたりして問題化し、新潟県上越市では青少年問題協議会という組織が、2年にわたり「スカート丈」について真面目に議論している。とはいえ、結論は出ず、事実上「放任」状態が続いている。

短い「スカート」禁止はイジメにつながる??
2007年3月6日も上越市青少年問題協議会では「スカート丈」問題が議論された。この組織は、教育委員会のメンバーや地元識者で構成されているもので、この日は06年度末の総括として行われた。話された中身はなんだったのか、J-CASTニュースは事務局の上越市教育委員会生涯学習推進課にたずねた。

女子高生のスカート丈が短いと、身体を冷やし、「母性」はだいじょうぶかと心配する声や、「防犯面」を危惧する意見が出たという。
一方で、短いスカート丈は全国的な流行や、「仲間意識」の現れだとして、簡単に対処できる問題でないとする見方もあった。短いスカート丈を悪い、として禁止した場合、仲間の中で「適正な」長さに戻す人と、短いままの人がでてくる。すると、「適正な」長さに直した人を仲間はずれにしたり、イジメたりする要因につながるのではないか。だから、禁止は無理とする意見もあった。
後者の意見が多いらしく、「市として思い切った対応ができない」と市では説明する。

「一概にどのくらい短いかとは言えない」
同課に、市内の女子高生の「スカート丈」は本当に短いのかどうかたずねると、

「委員の共通認識として、街でみかける女子生徒のスカート丈は短い、という意識はある。しかし、一概にどのくらい短いかとは言えないし、具体的に口にする委員もいなかった」
という答えが返ってきた。
つまり、実情ははっきりせず、写真週刊誌が報じた「スカート丈」は問題視し、一方で「放任」しながらも、議論は続けている。なんとも珍妙な会議なのだ。
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/

 世の中の男性の方々はいいなぁ、とかうらやましいなぁとか思うのではないだろうか。
 
 日本人はとかく横並び意識が強い国だとどこかで聞いたことがあるが、その典型なのではないだろうか?

 とは言ってもスカートの丈がどれだけ短いからどーだこーだという議論は続いているらしい。
posted by r32katana at 08:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

飯島愛がIT進出でテレビから完全に消える?!

「本当は引退する気がないのではないか」とみられていた飯島愛(34)が完全にテレビから消えることになった。それでも「いずれ復帰する」という声も出ているが、その可能性は限りなく低いというしかない。

 飯島は11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS)でこう語った。

「3月でタレントはやめます。(仕事は)3月の末で調整していただいています。去年、体調を崩してその時にいろいろ考えました。みなさん、ありがとうございました」

 ここまで思い切りよく“引退宣言”した裏にはそれなりの事情もあったようだ。引退が報じられた前後に飯島周辺でゴタゴタが取り沙汰された。

「当初、飯島は持病の腎盂炎が悪化して、従来のペースで仕事をこなすのがきついのを理由に“休業”する方向で考えていたようです。しかし、そのことを事務所にきちんと話していなかったことで“勝手な動き”と思われてしまった。そのために飯島のマネジャーが事務所を辞める騒ぎにまで発展した。これは飯島にとって誤算です。トラブルになって仕事をやめるわけで、体調が回復して仕事を再開するにしてもハードルが高くなってしまった」(事情通)

 さらに、発売中の「週刊現代」が飯島の具体的な動きとして、奥菜恵の前夫で、IT企業「サイバーエージェント」の藤田晋社長との関係を報じている。飯島はITビジネスに熱心で、藤田社長が進めているブログ関連企業の広告塔になるといわれているのだ。

「具体的な動きがあるのはまずかった。引退後はブログなどでの露出はOKでもテレビ出演するのは“ご法度”。4月から飯島を画面で見ることはない」(放送関係者)

 AV嬢からタレントに転身し、自伝本でガッポリ稼いだ“Tバックの女王”の見納めが近づいている。この騒動でAV時代の裏モノがネットオークションで高値で取引されているそうだ。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/

 すっかり最近は飯島愛の引退騒動があちらこちらでいろいろ言われているが、それだけビッグなんだよな。
 
 ITビジネスでまた違った飯島愛が出るのだろうな。

 ITで大成功してください。
posted by r32katana at 14:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

肝細胞がん発見時すでに手遅れ 鈴木ヒロミツさん死去

 ミュージシャンでタレントの鈴木ヒロミツ(本名・鈴木弘満)さんが14日午前10時2分、肝細胞がんのため東京・千代田区内の病院で死去した。60歳だった。1967年にグループサウンズ「モップス」のボーカルとしてデビューしヒット曲を連発。解散後は俳優・タレントとして親しまれ、長く活躍してきた。今年1月にがんがみつかったが、わずか3か月足らずで帰らぬ人となった。

 所属事務所のホリプロによると、鈴木さんは昨年末に腹痛を訴えるようになり、年明けに都内の病院で検査。数日後、すでに末期の肝細胞がんで、余命3か月の告知をうけた。複数の病院に行ったが診断は変わらず。余命を家族とともに過ごしたいという本人の希望で、入院せず自宅療養していた。

 週1度、通院していたが、徐々に病状が悪化。通院日だった13日、そのまま入院し、翌朝帰らぬ人となった。病室では長男・雄大(ゆうだい)さんの名前を呼び続けていたという。最期は妻、長男にみとられ、呼びかけにうなずいたりする中、おだやかに永眠した。

 昨年12月20〜23日に大分で撮影したテレビ九州放送の旅番組「きらり九州」(1月13日放送)が最後の仕事となった。また、16日放送のフジテレビ系「所轄刑事」(後9時)や、昨夏に撮影し、5月公開予定のオムニバス映画「歌謡曲だよ、人生は」にも出演し、映画では皮肉にも不治の病を宣告する医師役を演じている。

 鈴木さんは1967年、グループサウンズ「モップス」のボーカルとして「朝まで待てない」でデビュー。実力派として認められ「たどりついたらいつも雨ふり」などのヒット曲を出し、歌手の松任谷由実(53)もファンだった。

 71年にはモービル石油「気楽に行こう」編CMで、ガス欠の車を手で押す姿も話題に。それがきっかけで74年のバンド解散後は俳優に転身。TBS系ドラマ「夜明けの刑事」(74〜77年)、映画「ロングラン」(82年)などで活躍、名脇役として評価を得た。ホリプロの創成期から所属し、明るい性格はスタッフからも親しまれた。

 02年にエッセー「食わずに死ねるか」を発売。“食べ物のストーカー”と自称するほど食い道楽。「同行する歴代マネジャーが4〜5キロ太る」「食べ過ぎで救急車で運ばれた」などの伝説も。大食漢で飲酒も大好きだったが、大病を患ったことはなかったという。本人の希望で病気はごく一部にしか知らせておらず、関係者のほとんどが突然の悲報に驚きを隠せなかった。

 ◆鈴木 ヒロミツ 本名・鈴木弘満。1946年6月21日生まれ。武蔵大経済学部在学中に「モップス」を結成し67年「朝まで待てない」でデビュー。74年に解散後は俳優・タレントとして活動。一時は米ロサンゼルスで飲食店を経営し、著書に「ロサンゼルスで暮らす方法」など。血液型B。

 ◆60歳、早いよ愛川欽也悲痛な表情 タレントの愛川欽也(72)は14日、都内で取材に応じ、「びっくりしたよ。元気なイメージしかなかったから。60歳、早いよ」と鈴木さんの死に肩を落とした。1995年から1年間、愛川が司会を務めたテレビ朝日系の昼の情報番組に鈴木さんもレギュラー出演。「欽也さん、欽也さんって慕ってくれた」と思い出を口にした。15日の通夜は仕事の都合で参列は難しい。「まだ若いだけに、つらいお通夜になるんじゃないか…」と沈痛な表情だった。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/

 鈴木ヒロミツさんがお亡くなりになった。

 いい役柄をこなしておりまして、鈴木さんをテレビや映画等で見かけると安心してみていられると名脇役の役者さんだったとおもう。

 若すぎる旅立ちには悲しむ方が多いと思う。

 心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by r32katana at 14:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

順風満帆!「年内に15社とCM契約」の勢い 宮崎あおい

 CM界に新女王が誕生――。女優の宮崎あおい(21)が企業からモテモテだという。

 テレビ関係者が言う。

「昨年秋ごろから、彼女をCMに起用したいという企業が急増しました。現在契約を結んでいるのはNTTドコモやアメリカンファミリー生命保険、ゼファーマ、ユニクロなど実に10社にのぼります」

 しかも、このほかに数社が宮崎サイドとCM出演を交渉中とか。そのため、「年内に15社までいく」という見方まで出ているほど。

「当然ながら契約金もうなぎ上りで、昨年まで1社あたり2000万〜2500万円だったのが、いまは4000万〜5000万円にアップしたとか。CMだけで年に4、5億円を稼ぎ出すビッグアイドルに成長したわけです」(前出のテレビ関係者)

 宮崎は4歳のころから子役として活躍。05年の映画「NANA」に出演して人気が急上昇した。

 昨年、続編の「NANA2―ナナ―」が製作された際、宮崎は出演依頼を受けながら、濡れ場が多いことを理由にこれを拒否。NHK朝の連続ドラマ「純情きらり」への出演を優先した。

 ベテラン芸能マネジャーが言う。

「『NANA2』を蹴ったのは宮崎のわがままでしたが、結果的にはこれがよかった。清純なイメージを維持できたため好感度がアップし、CM界から注目されるようになったからです」

 ピンチだったのは昨年7月、俳優の高岡蒼甫(25)との“同棲愛”を写真誌に報じられたことだろう。高岡は東京・世田谷にある宮崎のマンションから仕事場に通い、宮崎所有のワゴン車を乗り回していたという。

「すぐに高岡と別れたことで、大したイメージダウンを受けずにすみました。宮崎は来年のNHK大河ドラマで主演することも決まっているし、女優としてますますスポットが当たる。順風満帆そのものです」(前出のマネジャー)

 07年は宮崎には当たり年だ。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/

 15社とのCM契約というのは飛ぶ鳥を落とす勢いというやつだな。

 今年はこのまま突っ走るのではないのかな。

 今年の宮崎あおいが非常に楽しみだ。
posted by r32katana at 14:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

飯島愛騒動を利用か?! サイバー藤田社長の策略

 藤田社長のブログに対するコメントには「週刊誌にすぐ反応してPV稼ぐダメ社長」と辛辣な意見も目立った 「引退宣言」を行ったタレントの飯島愛さんに、サイバーエージェントの藤田晋社長が自身のブログでラブコールを送った。2007年3月24日号の「週刊現代」の記事「飯島愛『電撃引退』の裏に『藤田晋』」に、自身のブログで「へーそうなんだ」ととぼけてみせる一方で、「これを機に、仕事を一緒にしてみたい」と早速話題作りに利用した形だ。

3月24日号の「週刊現代」の記事の発端は、飯島さんの06年12月16日のブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」で「とにかく、これから儲るのは司法書士や弁護士、保険と保険外の医療、もちろんデジタル産業そして... (秘)(秘)」と綴ったことに対し、記事では飯島さんが引退後にITビジネスに携わるという情報があり、その指南役がいるとした上で、「(飯島さんは)藤田さんからネットビジネスはオイシイと聞かされて、かなり感化されているそうです」と「飯島さんの知人」のコメントを掲載。さらに、飯島さんのブログから藤田社長のブログへリンクが張られていることや、仕事で2人が会食をしたことなどを挙げ、藤田社長が展開する新事業の広告塔として飯島さんが浮上していると報じた。

「電撃引退の裏にオレ。へーそうなんだ」
3月24日号の「週刊現代」に対し、「渋谷ではたらく社長のアメブロ」07年3月12日で藤田社長は、

「『電撃引退』の裏にオレ。へーそうなんだ。(´∀`)・・・・・・・。・・・・・・。・・・って、なんでやねーん!Σ(゚д゚;)」
と驚いた様子を見せ、

「飯島愛さん、ビジネスの話はしたこと無いですが、これを機会に(?)、一緒にできることがあれば是非!(^-^)/」
とラブコールを送った。

寄せられたコメントにはこんなものもあった。

「いっそのこと・・・結婚しちゃえば?!(週刊現代の記事は)藤田社長が陰で飯島愛さんを操ってるような書き方だけど、現実は逆のような気がします」
操っているようで、操られている。うーん、そうかもしれない。
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/


 藤田社長のブログに対するコメントには「週刊誌にすぐ反応してPV稼ぐダメ社長」と辛辣な意見も目立ったようだ。
 
 飯島愛引退騒動はいろいろな所へ余波が出ているようだ。

 第二の人生の選択がたくさんありそうなので、体を直してうまくリスタートができれば良いけどね。
posted by r32katana at 13:34| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

“芸能人キラー”ついに決断!!「ヒルズ族」野尻社長、人気モデルと結婚

 「ヒルズ族」の有名実業家として知られるウエディング関連会社社長の野尻佳孝氏(34)と人気モデルの田波涼子(32)が夏にも結婚することが12日、分かった。野尻氏は女性有名人との交際が多数報じられた名うてのプレーボーイ。昨夏にも釈由美子(28)との交際、破局が話題となったばかりだが、ついに身を固めることになった。

 2人は6月下旬〜7月上旬に結婚することを親しい関係者に報告している。全国に結婚式場を多数所有し、ウエディングプランニングを行う会社「テイク&ギヴ・ニーズ」を経営する野尻氏は、普段は他人の結婚式をプロデュースする立場だが、自身の式をどう演出するか注目を集めそうだ。

 六本木ヒルズに集まるITベンチャーなどの若手経営者の俗称「ヒルズ族」の代表的人物でもある野尻氏だが、関係者によると、田波とも「ヒルズ族」のネットワークの中で知り合い、親密な交際が始まったようだ。

 野尻氏は昨年7月に釈との交際、破局が話題となったばかり。それ以前にも梅宮アンナ(34)、元フジテレビの内田恭子アナ(30)、テレビ朝日の武内絵美アナ(29)らとの熱愛が報じられた芸能人キラーだが、田波とは交際当初から結婚を意識していたようだ。

 田波は「JJ」「CLASSY.」の専属のほか、ファッション誌の表紙を数多く飾ったトップモデル。特にOLのファッションリーダーとしてカリスマ的な人気を集めている。女優としても05年の映画「雨よりせつなく」で初主演しているほか、CMにも多数出演している。

 「ヒルズ族」と女性芸能人との結婚では、IT企業「Zeel」の尾関茂雄社長(32)と山口もえ(29)、「サイバーエージェント」の藤田晋社長(33)と奥菜恵(27)のカップル(奥菜は05年に離婚)が有名だが、注目の“セレブカップル”がまた1組誕生した。

 ◆野尻 佳孝(のじり・よしたか)1972年6月4日、東京都生まれ。34歳。明大卒業後、損保会社に勤務し3年で退職。98年に同社を設立し、01年12月にはナスダックジャパン、昨年3月に東証一部に上場した。

 ◆田波 涼子(たなみ・りょうこ)1974年10月8日、東京都生まれ。32歳。短大卒業後、会社勤めしていたが、オーディションに合格し、97年から「JJ」でモデルデビュー。02年から「CLASSYY」専属に。身長168センチ、B84・W60・H85センチ。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/


 ヒルズ族ってのはすごいんだねえ。野尻社長の女性遍歴はもう芸能人だけでもみんな有名人ばかり。
 
 六本木ヒルズからはライブドア事件や村上ファンド事件依頼撤退する企業が相次いでいるといわれているみたいだけど、ヒルズ族パワーは健在みたいだね。
posted by r32katana at 16:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

どうして!?「誰も止めないの!?」 引退認める 飯島愛

 3月末での引退に向け調整が続けられているタレントの飯島愛(34)が11日、レギュラーを務めるTBS「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演、自身の口で初めて引退に言及した。

 司会の爆笑問題から引退の話題を振られ「この仕事(タレント)は辞めます。3月末までで(引退することを)調整してもらっています。皆さんありがとうございました」と話した。

 引退理由については、腎機能低下などによる体調不安とされているが、「こういう仕事をするには、いろいろときつい年齢になってきたなぁ〜」と話したのみで、詳細は語らなかった。一部で報道されている海外移住説については「日本にはいます」と否定。「誰もなんで(引退を)止めないのっ?」と自虐ネタで笑いを誘っていた。
(スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/

 飯島愛が引退を認める発言をした。巷で言われているような体調不良などに関しては語らなかったようだが、体と精神は限界にまで達しているのではないだろうか?
 
 飯島愛のようなキャラは他にはいなかったから実にもったいないとは思うが、健康を取り戻して第二の人生を成功させてほしいと思う。
posted by r32katana at 13:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

衝撃!!Tバックが話題の女子中生 格闘技のラウンドガールに

 中井ゆかりさん自身が参加していたコミュだったが、中学生のため強制退会 Tバック姿で売り出し中のタレント・中井ゆかりさんが2007年3月11日から開催される女子格闘技の大会「スマックガール(SMACGIRL)2007」のラウンドガールに、中学生として初めて選ばれた。さすがにTバック姿でランドガールをつめるなんてことはなさそうだが、芸能活動には「やりすぎ」と指摘する声も少なくない。

中学生とは思えないプロポーションの持ち主
中井ゆかりさんは、神奈川県出身の14歳の中学生。身長は157センチで、中学生とは思えないプロポーションの持ち主。07年3月16日発売予定のイメージDVDデビュー作「美少女は中学生 Vol.5中井ゆかり」ではTバック姿を披露しており、発売前から話題になっているようだ。
そんな中井さんが「スマックガール」のラウンドガールを務めることが決まった。ただ、Tバック姿で売り出し中とはいえ、ラウンドガールではTバック姿というわけではないようだ。中井さんの所属事務所はJ-CASTニュースの取材に対し次のように答える。

「スマックガールの意向があるので、(スマックガールの)ユニフォームを用意することになると思います」
一方で、中井さんがTバック姿で芸能活動することについて「中学生にしてはやりすぎではないか」との声があるのも事実だ。07年2月の週刊文春では、小中学生のTバック写真集の売上が好調であることを「社会問題」として取り上げたほか、テレビでも批判的番組が放映されている。ネット上では

「しばらく前はロリ禁止な雰囲気あったのにいつのまにか中学生Tバックって、一般的な露出じゃ以前よりひどくなってるのな」「親は何やってんだよ・・・」「学校で『お前Tバックはいてんだろ』とか言って苛められてるんじゃないかと心配です」
といった声が聞かれる。所属事務所も「中学生のTバック姿」に賛否両論あるのを認識しているようで、「ファンションだから(という評価)、中学生なのにそこまでやっていいのか、という2つの意見がある」と語る。

mixiでたびたびアカウントを削除される
そして、中学生ならではの問題がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のミクシイ(mixi)で発生した。
中井ゆかりさんのファンコミュニティ「中井ゆかり親衛隊」では、中井さん自身がコミュニティに参加していたが、たびたびアカウントを削除されていた。mixiの規約では18歳未満は登録できないため、中学生の中井さんが登録してはいけないことになっている。
07年1月12日に作成された「トピックス」では、中井さんのアカウントが削除されたためコミュニティを解散する、との書き込みがされた。しかし、その2日後には中井さんと思われる人が「やめていません!!なぜか削除されました また、復活です」と書き込み、再び2月下旬までにアカウントが削除されている。
所属事務所はJ-CASTニュースに対し、mixiへの参加を認めていたとした上で、

「やってたんだけど削除されたみたいですね(笑)。今はやめているみたいですよ。マネージャーが登録して中井に書いてもらうってこともできるんですけど、人をだますとか色々言われかねないんで(笑)活用できるものは活用したいとは思ってますけど」
と答えた。
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/

 低年齢化が進んでいる。Tバック姿の中学生が登場とはね。

 プロポーションは最高とはいえ、まだ中学生だから控えたほうが良いのではないかと思う。

 結局、何でも食い物にされてしまうのが芸能界なのかな?!
posted by r32katana at 12:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索エンジン登録代行 アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。