2007年03月08日

「離婚」で囁かれる“夫婦”の異性関係 宇多田ヒカル

 大物カップルの電撃離婚にはビックリだ。宇多田ヒカル(24)と映像作家の紀里谷和明氏(38)は4年半で破局してしまった。

 先週末、宇多田が自身のHPで「互いに変化する中、思い描く未来図や夫婦像の方向性に、徐々にズレが生じました」と経緯を説明。また、紀里谷氏は「相手に甘えることが最後までできなかった」などと離婚の理由をブログで発表した。

 宇多田夫妻は以前からスレ違い生活を指摘されてきた。その延長線上の離婚といえるが、お互いの説明だけでは離婚の理由ははっきりしない。そこで、一部メディアは宇多田の実父の照實氏と紀里谷氏の不仲説を報じている。結婚前は照實氏が宇多田をプロデュースしていたが、結婚後は宇多田の仕事に紀里谷氏が関わるようになり、照實氏と紀里谷氏の関係が悪化し、夫婦関係が壊れたというのだ。

 だが、これも核心ではない。「照實氏と紀里谷氏は仲よく飲み歩く姿を目撃されていて、義父と息子のほほ笑ましい光景だった」(事情通)というから原因は別にある。

 真相は何か。この夫婦は昨夏以降、事実上破綻していたという。互いに飽きてしまったのだ。宇多田は関係を修復する気はなく、男性の友人らとカラオケに出かける機会が増えていったとか。

 その頃には紀里谷氏も遊び歩くようになったようだ。

「紀里谷氏には04年に映画『CASSHERN』をヒットさせた後に夜遊びしているという情報が流れた。昨年、宇多田とうまくいかなくなってからはモデル風の女性と親密という情報もあった」(芸能リポーター)

 昨年暮れに「もう一組の大物カップルが離婚する」といわれたが、宇多田と紀里谷氏のことだったようだ。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/

 大物芸能人カップルってもはやすぐに離婚するというイメージがついているような気がする。
 
 芸能人は普通の人とは違うから仕方がないのかな。
posted by r32katana at 12:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重度の慢性腎盂炎 「引退」飯島愛の悩み

 今月いっぱいでの芸能界引退を報じられたタレントの飯島愛(34)。4日レギュラー出演中の「サンデージャポン」(TBS系)でこの話題を振られると、「誰が言ってるの? 誰にもコメントしてないのに」と迷惑ぶっていたが、本人の「3月引退」の意志は固いという。

「レギュラー番組降板の調整がつかない段階で報道されたため、今はゴタゴタしているだけです。昨年11月に患った『腎盂炎』の症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っています」(関係者)

 飯島を苦しめる腎盂炎とは、腎臓と尿管の接続部である「腎盂」が、膀胱から上がってきた大腸菌などの細菌に感染して起こる炎症のこと。

 病気のストレスなのか、彼女のブログは昨秋から支離滅裂な文章や唐突なエロネタなどが目立っていた。

「腎盂炎は男性と比べて尿道の短い女性の発症が多く、39度を超す高熱や背中・腰の激痛に襲われます。病原菌不明の『慢性』になると、常に微熱や腰などの鈍痛に苦しめられます。おそらく飯島さんは慢性の症状で、長時間のテレビ収録はかなりのストレスだったと思います」(医学博士・中原英臣氏)

 彼女が該当するとは言わないが、「患者は激しいセックスで尿道に雑菌の入った女性が大半」(ある泌尿器科医)との指摘もある。

 現在のレギュラー番組は計4本。ギャラは週1本あたり50万円以上とされ、推定年収はザッと1億5000万円程度。英気を養うのは結構だが、突然の引退で高収入を失う不安はないのか。

「飯島にはミリオンセラーとなり、映画化もされた自伝小説の印税収入など億単位の資産がある。最近は専属講師の下で英語の勉強に励み、海外移住も視野に入れているともいわれています」(芸能関係者)

 しばらくプラプラするだけの余裕は、たっぷりありそうだ。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/


 飯島愛の引退騒動はまだまだ続きそうだ。

 しかし、推定年収1億5000万円というのはすごいな。
 
それをフイにしてまでも引退を考えているのだとしたら、やはりそうとう症状は重いのではないのか?

 いずれにしてもまず、体を直して第二の人生を送ってほしいと思う。
posted by r32katana at 12:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

「長澤まさみの演技妄想」 柴咲コウが主題歌

 歌手としても人気の女優の柴咲コウ(25)が、長澤まさみ(19)の主演映画「そのときは彼によろしく」(監督・平川雄一朗、6月2日公開)の主題歌を歌うことが6日、分かった。自身が台本を読んで作詞した「プリズム」で、映画主題歌は3作目。大ヒットした映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の“セカチュー”コンビが、演技と歌でタッグを組む。

 セカチューブームを生み出したヒット女優2人が、再び強力タッグを結成した。

 ヒット映画「いま、会いにゆきます」の市川拓司さんの原作小説を映画化した「そのときは−」は、長澤、山田孝之(23)、塚本高史(24)がトリプル主演する純愛大作。セカチューからの純愛映画ブームの系譜を次ぐ作品となる。今回は柴咲が歌手として参加することになった。

 柴咲は脚本を読み込み、状況や役柄を理解しながら、映画に沿った詞を書き上げた。「劇中に出てくるモチーフや設定を組み込んで、まさみちゃんがこうやって動いてるだろうなぁーって、想像して妄想して作りました」。曲のタイトルは「プリズム」。出演はなく、歌に専念しているが「本編が終わって、曲が流れて、また本編の良いところが浮かんでくるような曲調と内容になっていると思います」と話している。

 セカチューブームの仕掛け人で、今作の製作にも携わる春名慶プロデューサーによると「一度アーティスト柴咲コウと仕事をしてみたかった」という発案から2人の再タッグが実現。

 「どんなに悲しい世界を歌っていてもどこかキラキラとした印象があり、今回の作品の質感とも符合しているそのキラキラをぜひ取り入れてみたかった」。実際出来上がった曲に「期待以上のキラキラ」を感じたという。なお同曲は映画の公開に合わせてシングル発売される予定。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/


 セカチューブームを巻き起こしたヒット女優二人はまたタッグを組んだ。また大ヒットをさせることができるのか?
posted by r32katana at 15:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

「細木数子・江原啓之番組」らの是正を 弁護士団体

 霊界や死後の世界を取り上げているテレビ番組が霊感商法や宗教カルトによる被害の素地になっているとして、全国霊感商法対策弁護士連絡会はこのほど、日本民間放送連盟(民放連)や民放キー局などに対して、行き過ぎた番組内容の改善を求める要望書を提出した。

要望書は、「霊能師と自称する人物が一般には見えない霊界やオーラを見えるかの如く断言し、それをもとに様々な指摘をされるタレントがそれを頭から信じて動揺したり感激してみせるような番組」や、「占い師がタレントの未来を断定的に預言し、言われたタレント本人や周囲の人がこれを真にうけて本気で応答しているような番組」がたびたび放送されているとしている。そして、このような番組は「社会的経験の乏しい未成年者や若者、主婦層の人々に、占いを絶対視し、霊界や死後の世界を安易に信じ込ませてしまう事態」をもたらし、霊感商法や宗教的カルトの勧誘を容易にする素地を作っているとして、テレビ局に「いきすぎを是正する措置」を講じることを求めている。
(J-CASTニュースhttp://www.j-cast.com/

 ちょっと最近こういった霊能師と自称する人物をクローズアップする番組が増えていると思う。
 
 まぁ、今の先行き不安の世の中の象徴なんだろうなと思う。
 
 でも、行き過ぎは良くないよな。
posted by r32katana at 15:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙で「ハンカチ王子」になる!?青森監禁王子

 “監禁王子”が法廷でハンカチ王子になった。東京、青森の連続女性監禁事件で、監禁致傷罪などに問われた無職・石島(旧姓・小林)泰剛被告(26)の公判が5日、東京地裁で開かれた。法廷ではおなじみとなった白の上下スーツ、白シャツ、ノーネクタイという王子の正装で登場。被告人質問で、実母(99年12月に自殺)について話が及ぶと、ズボンの右後ろポケットから白いハンカチを取り出した。

 弁護人から「母の墓参を口実に(被害)女性を口説いたか?」と尋ねられると、突然、ハンカチで目を押さえて、すすり泣き。「母はのろわれた一族の中で、生きることさえもつらい中で、怖くてさみしいのに、いつでも笑っていてくれました。その母を口実にだなんて、(被害者は)何を言っても許されると思ってるんですよ」と何度もハンカチを顔に当て上下させた。

 しかし事件が事件だけに供述内容は、佑ちゃんのさわやかさとは程遠いもの。「『聞いてあげるから自分で慰めなさい』と(被害女性は)テレホンオナニーをして」「『顔につばをかけてほしい』と言ってきた」「処女膜というのは極端に血が飛び散るのはない」などと言い、裁判長が「そこまで言わせる必要があるのですか」と弁護人に注意する一幕もあり、とんだハンカチ劇場となった。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/


 青森連続女性監禁事件の石島被告は法廷にて監禁王子がハンカチ王子なったということ。

 うまいこと言うな。
posted by r32katana at 15:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地元紙は絶賛!!桑田の初登板

「ミットに収まるまで5秒もかかるカーブに相手打線が凍りついた」
 桑田のOP戦初登板を、地元紙も絶賛。パイレーツの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼッテ」紙の電子版は5日付けで、前日4日にレッズとのオープン戦で初登板。1イニングを投げて3者凡退に抑えた桑田真澄投手について、「ディアスのミットに納まるまでに、5秒はかかるスローカーブに、レッズの打線は凍り付いてしまった」と表現し、カーブを駆使した投球内容を絶賛した。

 記事は、桑田のオープン戦デビューに70人の日本人報道陣が集まったことも紹介。ジム・トレーシー監督も、「彼は本当に凄い。今日一番のスポットライトだった。我々が話していたことを、全て、実際にやってみせてくれた。彼は、日本で21年もプレーしている選手。自分のやるべきことを、100%理解している」と、感心しきり。先発投手枠を争う競争は、依然として厳しいものの、チームでの評価はうなぎのぼりのようだ。
(livedoor スポーツ http://www.livedoor.com/

 ジャイアンツ時代の名声も投げ捨てて、大リーグでは高齢で通用するのかという心配はあったがオープン戦デビューで注目を浴びた。
 
 評価はうなぎのぼりなので、このまま通用するといいんだけどね。
posted by r32katana at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

女王の意地か!?ベスト盤を大宣伝した浜崎あゆみ

 浜崎あゆみ(28)にとっての初の大宣伝は実を結ぶのか。

 浜崎は2月28日に6年ぶりとなる2枚のベストアルバム「A BEST2―BLACK―」「A BEST2―WHITE―」を発売した。このために浜崎は先週からテレビに出まくってアルバムをPRした。

 すごかったのは発売当日の28日。朝7時から民放3局の6番組に生出演した。“女王”浜崎のこんななりふり構わない姿は初めて。落ち目と叫ばれ続け、今回だけは絶対に失敗が許されない状況だけに必死なのだ。

「あゆが焦っているのはこのところ後輩の倖田來未に押されっぱなしだからです。倖田は昨年発売した2枚目のベストアルバムが180万枚弱のセールスを記録し、歌手の年間総売上金額でも堂々の1位に輝いた。あゆはそんな倖田には絶対に負けたくないと思っています」(音楽関係者)

 すでに2枚のベスト盤は来週のオリコンチャートでぶっちぎりのワン・ツーを獲得することがわかった。問題は倖田のセールスを上回ることができるかどうかだ。「2枚で200万枚以上が目標」(事情通)といわれる。浜崎は最後に笑うことができるか。
(ゲンダイネットhttp://gendai.net/


 そういえば最近浜崎あゆみよりも倖田來未ばかり耳にするような気がするな。

 女王の座を揺るがすライバルを蹴落とすためになりふりかまってられない状態なのかな?

 しかし、。「2枚で200万枚以上が目標」っていうのもすごいな。

 女王のプライドなのかな?

 まぁ、見ものだね。
posted by r32katana at 23:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

ブログに励ましコメント殺到中!! 飯島愛

 タレントの飯島愛(34)がスポニチ本紙3日付の報道通り、今月末にも芸能界を引退する方向で調整をしていることを3日、所属事務所が明らかにした。詳しい理由は明らかにしていないが、体調不良などが主な原因と見られる。

 4日にはレギュラー出演中の生番組「サンデージャポン」(TBS、前10・00)に登場する予定。関係者によると、通常通りパネラーの1人として出演になる模様だが、お笑いコンビの爆笑問題が司会を務め最新ニュースを扱う番組の特性上、飯島が引退について何らかのコメントをする可能性もある。サバサバとした発言で人気を呼んできた飯島だけに、自身の言葉で何を語るのか注目される。

 また、この日、飯島の公式ブログにはファンからの声が相次いだ。早朝から、午後6時すぎまでで寄せられた引退へのコメントは約350件に上った。過去にブログなどで腎機能の低下や膀胱(ぼうこう)炎のつらさなどを訴えていただけに、ファンからは「残念ですが、体だけは大切に」、「テレビで見られなくなるのはショックですが、愛さんの体も心配です。体が復活したら、戻ってきてください」、「残念ですが、どうかお体をゆっくり治して、次の人生を歩んでください」と体調を気遣う書き込みがほとんど。

 飯島は現在、民放でバラエティー番組4本のレギュラーを抱える売れっ子。それぞれの番組では芸能界引退特番なども検討されており、調整が行われている。
(スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/


 飯島愛引退を示唆してからの余波がものすごく広がっている。

自分自身の事をカミングアウトしてからはかえって人気が出ているようだ。
 
かくいう小生も飯島愛には応援をかげながらしたいと思ってるのだが。
 
 残り少ない芸能界の人生を頑張ってほしい。
 
 そしていつかからだが健康を取り戻したら帰ってきてほしい。
 
 あのさばさばしたトークが見られないと思うと寂しい気持ちがする。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070304-00000002-oric-ent
posted by r32katana at 14:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

電撃離婚!!4年半の結婚生活にピリオドへ 宇多田ヒカル





 シンガーソング・ライターの宇多田ヒカル(24)が映像作家の紀里谷和明氏(38)と離婚、4年半の結婚生活にピリオドを打ったことが3日、分かった。

 宇多田が同日付け自らのブログで発表したもので、「昨日、3月2日、私、宇多田ヒカルと紀里谷和明は正式に離婚しました」と報告。離婚の原因については互いに思い描く未来像と夫婦像の方向性の違いをあげ、さらに「国際的な活動をしながらのすれ違い生活の中で、コミュニケーションが不足してしまったのも理由」とつづっている。紀里谷氏も同HPで「今後も光の幸せを願っています」とエールを送っている。
(スポーツ報知http://hochi.yomiuri.co.jp/

 いやいや先ごろ売り上げ日本記録を更新した話題が出たと思ったら、今度は電撃的離婚だって。
 アメリカと日本を行ったり来たりであまりコミュニケーションが取れなかったのが原因かと。
 でも、スケールがでかいな。

posted by r32katana at 14:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びっくり!!飯島愛 体調不良で芸能界引退へ



 タレントの飯島愛(34)が芸能界引退に向けて調整に入っていることが2日、分かった。飯島本人がTBS関係者に体調の不安を訴えており、同局のバラエティー番組では既に“引退特番”も検討。バラエティーなどレギュラー番組だけで週4本を抱えるが、早ければ3月いっぱいで芸能活動を終了するとみられる。

 AV女優時代の1992年、土曜深夜のお色気番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京)で本格的にテレビ界入りしてから15年。Tバックアイドルから執筆活動もこなすマルチタレントとなった飯島が、茶の間から姿を消すことになる。

 飯島は体調不安とだけ話しており、詳しい症状は不明。自身のブログには以前から腎機能の弱さに苦しむ様子を記していた。

 昨年11月12日と12月3日には、風邪による発熱などを理由にレギュラーを務めるTBSの生放送「サンデージャポン」(日曜前10・00)の出演をキャンセル。そのころ、ブログで「背中の鈍痛とだるさを感じながら、またかと…気がめいる」「あの痛みは、堪(た)え難い。もう嫌だ」と膀胱(ぼうこう)炎による苦しみを吐露。トイレの際の激痛ぶりなどを生々しくつづっていた。2月に入ってからも、花粉症治療に関連して「お注射を打つと(症状が)半減するらしいよ。でも、腎機能弱い私には、医師が“我慢出来ないの!?”と勧めないの」としている。

 一方、出演キャンセル前日の昨年11月11日には、横領被害に遭っていたことをブログで告白。「個人事務所の経理だったおじさん」が女性に数千万円を貢いでいたという内容。2年以上前の出来事を突然告白し、出演キャンセルと合わせ波紋を呼んだ。

 そんな飯島に対して、飯島がレギュラー出演するTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」は引退特番も検討。同局関係者によると、既に具体的な企画に着手しており、早ければ3月いっぱいで芸能界を引退することになるという。

 同番組内で、有力視されている企画は「波瀾(らん)万丈」。女優らの波乱に満ちた半生をVTRで振り返る名物コーナーだ。飯島は00年10月にミリオンセラーとなった自叙伝「プラトニック・セックス」を出版。14歳での家出や援助交際、堕胎、豊胸手術、AV女優時代などを赤裸々に告白しており、その人生はまさに「波瀾万丈」。本人が番組内で視聴者に引退を報告する場面もありそうだ。
(スポニチ http://www.sponichi.co.jp/


 いつも驚かせてくれる、飯島愛の言葉だったが、今度ばかりは本当に驚いた。

 引退という二文字が彼女の中に決定的になっていたというのだから。

 波乱万丈な人生だったみたいだけど、とりあえずお疲れ様と言いたい。そしてここでまずは体を健康に戻すことを優先してもらいたい。

 そしてまた芸能界に戻ってきてほしいと思う。
 


posted by r32katana at 10:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索エンジン登録代行 アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。